借金という言葉や、そこに含まれている負のイメージによって、借金をすることは大きくマイナスイメージでとらわれがちです。
しかし、借金を大きく考えて見ると、奨学金や教育ローン、住宅ローンもすべて借金です。

 

借入先が国の機関だからとか、厳しい審査をクリア銀行からの借入れだからということで借金ではないということではないのです。

 

借金は消費者金融から高利貸しを受けることだけが借金ではないのです。

 

コレは多くの人が知っていますが、消費者金融からの借入れと奨学金や住宅ローンは同一視されていません。

 

それらの違いは金利と貸し出す機関の差でしかわけです。

 

 

金利が高ければ高いほど返済金額が大きく、返済期間が長くなる

TSU88_kosumosuhataketoonnanoko20141103153654

 

金利が高いということは、つまり利息を多く支払わなければならないということです。

 

非正規社員の方が消費者金融から借り入れようとした場合、初回取引可能枠は20万円~50万円というところからスタートすることが一般的です。

 

この取引枠に適用される金利は18%です。

 

 

もし金利18%で50万円を借り入れると、毎月支払う利息額は7500円になります。

 

毎月の返済額が1万5千円ずつの返済だと、返済額の半分は利息という計算になります。

 

この利息はつまり金融機関に支払うサービス料金です。

 

金利が高い = 支払う利息額が多くなる

支払う利息額が多くなる = 元本返済額が少なくなる

支払う利息額が多くなる = 支払総額が多くなる

元本返済額が少なくなる = 返済期間が長期化してしまう

 

 

返済額が大きく返済期間が長期化すると滞納のリスクが高まる

924ddf8578bcb1b3993188d052919c50_l

 

借金をした場合で一番気をつけなくてはいけないのが、返済を滞ってしまうことです。ようするに滞納ですね。

 

たまたま口座に入金することを忘れてしまい、すぐに振込みによる返済ができるなら特に問題はありませんが、返済が1ヶ月も滞ってしまった場合は、返済額が2か月分になってしまいます。

 

こうして返済不能になってしまうわけです。

 

返済できないんだから仕方がないじゃん!なんていう言い訳は通用しません。

 

毎月1万円、2万円の支払いだけで済めばいいのですが、これが5万円、10万円となってくると、その分の生活費を他で削らなければならなくなるわけですね。

 

しかも期間が5年、10年と長期化してしまいます。当然今の収入が5年、10年と維持し続けるかはわかりません。

 

コレが借金の怖いところですね。

 

借金を滞納した場合どんなことになるの

PPS_kanu-keiryukudari

 

住宅ローンだって自動車ローンだって全て借金です。

 

消費者金融からの借り入れと同様に支払いが滞ってしまえば、個人信用機関に滞納の事実が報告されてしまいます。

 

個人信用機関は金融機関が全て加入し情報を共有している機関なので、初回取引時の審査のときには必ず個人情報の確認が進められます。

 

当然、過去に滞納をしていた人に対して新たに貸し出す正規の金融機関は存在しません。

 

なので借りたいときに借り入れができなくなります。クレジットカードの契約もできなくなるでしょう。

 

もう新たな借入れをしないから滞納してもいいやーでは済まされません。

 

裁判にかけられて取立てはされますし、最悪の場合詐欺罪が適用されるケースもあります。

 

 

借入れを繰り返すと借金癖がついてくる

OOK89_kabanni5000mannante20131223

 

最初は誰だってお金を借りることは敷居が高く感じ、勇気がいる行為だったはずです。

 

特にコレだけ悪い情報が多い借金ですから、なおさら踏み込む勇気が必要なんです。

 

しかしお金を借り入れてみると、コレが実に簡単に借り入れてしまうんです。

 

今では契約をしてキャッシュカードのようなカードを受取り、最寄の金融機関からお金を借り入れてしまう。
自分の預金からお金を引き出しているのと全く同じわけですね。

 

カードローンでは借入れに対して借入枠を決めてその間で自由に借入れや返済ができるようになっています。

 

簡単な借入れができるように金融機関が仕組みを作り上げたのも、借入者が急激に増加している背景でもありますが、借金を繰り返している人は借金をしているという感覚さえない人がほとんどです。
まるで、自分の口座からお金を引き出しているような感覚に近いのかもしれません。

 

借金ではなく自分の口座から引き出している感覚なわけです。お金が足りなければATMからお金を引き出すのと同じ感覚なわけですから、一度借りると癖がつくのは当然かもしれませんね。

 

 

多くの人が借金は損と思っているのにどうして銀行が存在するのか

1 (21)

 

人からお金を借りると謝礼金(利息)という形でお金を支払います。これは銀行でも同じです。

 

前回の記事: 日本の借金人口がやばい
コチラの記事でも紹介しているように、消費者金融、カードローンもしくは目的ローンなどでお金を借りる人は4人に1人はいるペースです。

 

毎日毎日CMで報道されている金融機関のCMから見ても、貸金業の繁盛振りがよくわかります。
お金を借りることで銀行に余分なお金を支払わなければなりません。その損がわかっているのにお金を借りる人が多くいます。
それはなぜかというと、目的達成を早く手に入れることができるからです。
お金を借りる = 目的を今手に入れることができる
欲しいものを購入しようとした場合はお金を貯めて支払う人が大半かもしれません。しかし、中にはあまりにも高額で借金で購入する場合もあるでしょう。

 

住宅や自動車などが代表的なものですね。あるいはクレジットカードのリボ払いでブランド品を買う人もいるでしょう。

 

 

今どうしても自動車が必要だと感じた人は、自動車ローンを契約して購入を考えるでしょう。

 

300万円の自動車ローンを金利3%期間5年で組んだ場合の金利総額は約45万円ほどです。

 

45万円高いな?と感じましたか?

 

毎月5万円を5年間ためることによって300万円を手に入れることができますが、45万円ほどのために5年という期間を消費してしまうのはもったいないという考え方の人もいるでしょう。

 

コレが自動車ローンではなく、教育ローンだとしたらどうでしょうか?

 

 

今勉強をしてより収入の高い仕事に就くと考えた場合、そこで30万円の利息がかかってしまったとしても決して高い支払いではないはずです。
借金をすることは必ずしも遊ぶためのお金やギャンブルに使うためのお金ではないパターンがほとんどです。
借金は必ずしも悪いことではありません。
コントロールできないほどに多額のお金を借り入れてしまうことが大きな問題なわけですね

 

借金のメリットデメリットまとめ

メリット
・お金で時間を買うことができる
・「欲しいもの」や「やりたいこと」を今実現することができる

デメリット
・金融機関からの信用がない場合は借りたい額を借り入れることができない
・利息を支払わなければならない
・毎月の出費額が増えてしまう
・滞納をした場合、厳しい取立てが行われる
このメリットを手に入れたいがためにリスクを取ってでも借り入れをするわけですね。