会社の仕事が辛く楽しくなさすぎたため、一度すべてをリセットしよう!という思いになり会社を退職した。

 

多くの人が仕事を辞める前に次の勤め先を見つけてから辞めることがほとんどだと思うが、俺の場合は仕事そのものをしばらくやりたくない!という考えのもとで退職をしたから収入確保が全く定まっていなかったわけだ。

 

仕事を辞めて自由の身になった瞬間の喜びは全身から喜びの泉がわき出ているかのように体全体で喜びで満たされている気分だった。

 

俺は完全に自由になった!全てから解放されたんだ!

 

と思っていたのだが、その喜びは一瞬で消え去ることになってしまった。

 

いつまでも喜びに浸っていてはいけない!と、ある種の危機感を持って稼ぎ先を探してみたものの見つけることができずに、

てっとり早く考え付いたパチンコ屋へと足を運ばせたわけだ。

 

こんなものは慎重にやれば勝てるんだよ!その持論をもとに慎重な台選びと自制心を意識しながらパチンコを打ちはじめたわけだが、 1日目にして早くもその考えを崩されることになってしまったのだ。

 

打てど打てど出ない!ただただ5万円を流して終わりという悲惨な結果に終わる。

 

帰り道体全身を震わせながら、思いっきり叫びながら自宅へ戻った。

 

やばいぞ やばいぞ!!

 

ただすでに退職した後なので収入の確保もできていない状態である。

 

そしてその日は眠り翌日になって、負けたときの気持ちが和らいだのか、再びパチンコ屋へ訪れたわけだが、また大きなマイナス3万円だった。完全に撃沈を感じたね。預金は100万円ほど確保していたわけだが、当然家賃やら光熱費やらを支払っていたら半年も持たないわけだよ。

 

 

何か働くところを探さなきゃと始めたアルバイトもクソ過ぎて ビビった。

 

見るからにカス野郎にあごで使われる身分なのか、 と ここで初めてアルバイトの悲惨さを知ってしまったわけだ。

 

今後もこのアルバイト生活が続いたら俺はどうにかなってしまいそうである。

 

とにかく何かをしなければ何も変わらないということか。