投資の世界は非常に魅力的なものです。

 

自分の狙いが見事に的中すれば、一瞬にして、1万円、10万円、手持ち資金によっては、100万円、1000万円ものお金を手に入れることができるでしょう。

 

ただ、この一瞬の稼ぎを狙い、何の考えもなく投資を繰り返していても、一向に投資で収益を膨らませていくことはできません。

 

どこか誰かのブログを見て、デイトレードのような手法で、10万円足らずのお金を1000万円にまで増やしたような成功体験を見ていると、自分もそうなりたい!と、思ってしまうかもしれませんが、それは少し待ったほうがよいです。

 

もちろん、自分なら成功できる!と、思うのはいいことです。なので、自分なら大丈夫だ!と、思う人でも、ここに書かれていることは一つの考え方としてみておいてください。

 

 

なぜ、一攫千金を狙うことができないのか

株やFXの値動きを注意深く見ていると、気がついてきますが、大きく値を上げていく瞬間というものがあります。

 

その流れに見事乗ることができれば、投資資金を順調に増やしていくことは可能でしょう。

 

日本国内でFXをしようとする場合は、25倍のレバレッジをかけることができるので、さらに一攫千金を狙える可能性が高まります。

 

ただ、コレは逆にいうと、失うリスクも同等にあるということですね。

 

しかも、プロは投資素人が波に乗っかってくるということを知り尽くしています。なので、大きく上げた後にいつまでもその流れにしがみついていると、大きく食われてしまうわけですね。

 

見事大きく上昇トレンドをつかめたとしても、その後の相場の転換によって、、得た資金のほとんどを失ってしまうということになりかねないわけです。

 

 

だったら、その瞬間だけ狙っていけばいいだろ?と、思うかもしれませんが、そう簡単にはいかないわけですね。

 

大きな上昇相場だと思っていた動きが、実は大きな動きではなかったとか、小さい上昇相場だと思っていた動きが、実は大きな動きだったとか、よくあることです。その見極めは、実に難しいものです。

 

その見極めに対して投資をして損失計上を繰り返しているうちに、100万円ほどの自己資金は底をついてしまうということになるわけですね。

 

 

価値を見極めて投資をしていくこと

FXなどの通貨に関して言えば、上昇に転換すべきところで下落したり、全く予期せぬところで上昇していったりと、見極めが非常に困難です。

なので、コレは株式投資ということに限った考え方と思ってください。

 

たとえば、株式投資でいうと、企業の価値という考え方がありますね。

 

その企業が参入している市場やその企業で働いている労働力によって、出せるパフォーマンスには差があるものです。

 

誰でも入れるようなアルバイトのような従業員しか働いていないような会社と厳選して能力の高い精鋭をかき集めた会社と一人当たり売上高は当然違ってくるわけです。

 

そのように考えると、当然後者に投資をした方がいいわけですね。

 

このような判断基準に限らず、企業の価値を考えて投資をしていくというのは一つ大切な考え方です。

 

当然売上高が増えていけば企業価値が高まり、株価は上がります。新しく開発した収益モデルが当たったとしたら株価は上がっていきます。

 

企業の価値を見極めて投資をすることを徹底していけば、収益は安定してくるようになるわけです。

 

今すぐにお金が必要だ!と、なってしまうと、かえってお金を失っていってしまうものです。

 

じっくりと安定させて稼いでいくことを意識した方がいいでしょう。