去年の終わりごろから突如テレビマスコミなどが次々とユーチューバ―について取り上げ始めました。

 

それよりも前からユーチューブをたくさん見る人は、ヒカキンというユーチューバ―ぐらいなら知っている人もいるかもしれませんね。ヒカキンほどの第1人者になると、なんでも1億円以上も年収で稼いでいるそうだとか、。

 

単純計算して1億円を稼ぐためには、1動画再生で0.1円の広告収入がユーチューバ―のもとに入ってくるわけですから、月8500万再生ほど必要になってくるわけですね。1日当たり280万再生ですから、フジテレビもゼロテレビなどというものをユーチューブにアップしてくるのもわかってしまいます。

 

さて、そんなジャパンドリームをつかめてしまうかのような未来を思い描かせてくれるユーチューバ―ですが、ユーチューブで稼ぐことの難易度はどれぐらいのものだと思いますか?

 

比べる基準を探すのに非常に苦労しそうですが、単純に考えて国家公務員になるよりも難しいのではないでしょうか。

 

あ!これは、トップレベルのユーチューバ―という意味です。ユーチューブで生計を立てれるラインを月20万円とすると、そこまで難しくはないかもしれませんので。

 

そう比較すると、簡単に手が付けれそうに思えてしまうユーチューバ―の世界ですが、実際に食べていけるだけ稼ぐとなると大変そうですよね。毎日毎日動画を作り続けなければいけませんし、動画編集の技術だってなければチャンネル登録すらしてもらえませんからね。

 

第一に日本人はテレビで目が肥えていますから、そうそう一般人が思いついた範囲のアイディアで動画を作ったからといってヒットするわけもありませんよね。

 

ヒカキンのそっくりまねをする小中高校生が増加していますが、残念ながら二番煎じでは人に浸透していくことはできないですね。

 

そう考えていくと、簡単に誰でもユーチューブで稼げる!などというキャッチは詐欺ということが見えてきます。

 

そもそも1日10時間もアイディアと動画作りに時間をかけても1円も稼げなかったとしてもいいというならいいかもしれませんが、そこに投資をする時間が月22日稼働で220時間だとすると、外で働いても25万円ほど稼げしまう計算になりますから、どちらがいいのかわかりませんよね。

 

そんなことを含めて考えていくと難易度は10中6,7ぐらいでしょうか。(月20万円を稼ぐことでの難易度)

それだとどこかで正社員として働けなくなってしまうリスクを考えていくと、将来を通しての大きな損失にもなりかねません。

 

ユーチューブで稼ぐ!などというある種のビジネスブームに焚き付けられて、とびかかるのま少し待って下さい!

マネーをもとに考えていくと物事の見え方がまた違ってきますよね。